オナ禁のメリットでモテる効果!嘘では無く本当にある方法

オナ禁はメリットは凄まじく、モテると言われています。筋肉が付く・痩せる・やる気に溢れる・・・などなど。しかし男にとってオナ禁はとんでもなく辛い事。食事、睡眠、性欲。当たり前にインプットされているのだから。でも大丈夫。射精、いわゆるオナ禁のリセット対策を共有したいと思います。

オナ禁以外でモテる方法。「女性心理」を利用。清潔感編

オナ禁でモテるもの良いですが、それ以外にも方法はあります。

 

一応僕は全然イケメンでもありませんし、顔がデカいぐらいです(泣

 

 

そんな悔しい思いをしながら学んだのが「女性心理」です。

 

心理学は人間なら通用する素晴らしい方法です。

正直悪用も出来ます。

 

悪用も出来るのでそこまでの事は書けないのです。

詳しく知りたい方はメルマガ内で解説しています。

 

 

僕のような凡人でも女性心理を知ることでイケメンと同じ舞台に・・・・

 

いや、イケメンよりモテます。

 

その方法をシェアしたいと思います。

 

f:id:heresy505:20160422234848j:plain

 

心を掴みモテる心理

 

出来ればオナ禁をしながらこれらを学ぶことでめちゃめちゃ効果が出るので、そうしてもらいたいのですが、知識として知っておくと自信も付いて良いと思います。

 

では本題に入りたいと思います。

 

モテる男性ってどういう人だと思いますか?

 

 

優しい・頼れる・お金があるなどなど・・・

 

知っておいてほしいのですが男側からみる「モテる」事。

 

女性側から見る「モテる」が意外とズレがあることがわかります。

 

まぁ、イケメンはモテるだろうと思いますが、そうじゃない人もでモテモテな人もいますよね。

 

つまり「顔がすべてじゃない」という事です。

僕にも希望の光が差しました。

 

 

f:id:heresy505:20160421000918j:plain

 

 

ではどういう男がモテるのか?

まずは一番大事なポイントです。

 

 

・清潔感が何よりも大事

 

 

ここが最初に相手に与える印象です。

本当に大事。

 

 

一度「汚い・・・」なんて思われたらもう最悪。

 

だからこそ「入口」である清潔感はめちゃめちゃ重要なのです。

 

 

男側から見てもそう思いますよね?

もし女の子が男の幻想を壊すかのようなボサボサでフケだらけの髪。

 

上下ジャージ。

汚い食べ方。

 

まぁこんな人は居ないと思いますが「うわぁ・・・」と思うはずです。

 

 

女性側もそれを思っていますが、女性は特に清潔感を気にします。

 

 

 

それにはもちろん理由があります。

心理学や本能に関係ある分野です。

 

女性はセックスをする際、体の中に男性器を入れられます。

 

「受け身」ですので相手がどんな状態でも「受ける」ことしかできません。

 

例えば男が汚い性器、洗ってない状態。

病気を持っている状態。

 

 

そんなものを入れられたら命の危険すらあるのです。

菌が繁殖し、摘出なんてこともある。

 

 

だからこそ、本能として「防衛」を行います。

なので汚い男は即アウト。

 

 

考える余地もなくアウトです。

本能なので お腹空いた→ご飯を食べる の様に

 

思考を挟む間もありません。

 

清潔感を大切にする

 

オナ禁と清潔感だけでもモテるように変化していきます。

 

でも清潔感ってあいまいですよね。

そこでポイントを紹介します。

 

f:id:heresy505:20160402001614j:plain

 

ポイント

 

・おしゃれと清潔感は違う

 

僕はユニクロばかりです。

おしゃれな店はあまり行きませんし、シンプルな恰好ばかりです。

 

大事なのはシワシワ・のびのびの服を着たりしないこと。

爽やかな色合いの服を選ぶことです。

 

別におしゃれをしなくてもいい。

女性はシンプルな恰好の方が好きですよ?

 

 

・髭や長い爪、ボサボサヘアーは厳禁。

 

パッと見で「ちゃんとしてるな」と思ってもらえればOK。

髪型にこだわる必要もありません。

 

「普通」でいいのです。

 

 

・持ち物も注意

 

見落としがちなのが持ち物。

ジャラジャラとつけたキーホルダー。

 

破れた鞄。

汚い靴。

 

良い物を持たなくてもいいので「小奇麗な」感じの物をチョイスしましょう。

 

 

これだけでも印象が全然違います。

オナ禁をしていても清潔感に問題があればアウトです。

 

後はやりすぎにも注意。

おしゃれをしようと個性的すぎるのも人を選びます。

 

 

一度清潔感を意識してみて下さいね。

20160405103250